電気代

[ 2020 ] 2人暮らし以上におすすめのLooopでんきを徹底解説

 

パチ屋店員
これから2人暮らしを始めるんだけど、電気代を安くする方法ってないかなぁ?

 

こんな疑問にお答えします

 

結論からお伝えすると、おすすめするのはLooopでんきです

 

この記事では、以下のことがわかります

この記事でわかること

  • Looopでんきとは
  • Looopでんきのメリット、デメリット
  • Looopでんきを2人暮らし以上におすすめする理由

 

ではさっそく、2人暮らし以上におすすめのLooopでんきを徹底解説していきます

 

 

Looopでんきとは

 

light bulb

 

 

Looopでんきは、東日本大震災(2011)の被災地に、太陽光発電を設置するボランティア活動から生まれました

 

Looopでんきでは、太陽光、風力、水力をはじめとする自然エネルギーを提供しています

会社自体は設立から10年ほどですが、日本全国に展開されています

 

また、電力会社の送電網を使って電気が届けられるので、乗り換えても電気の品質は維持されます

なので停電が増えたり、電力供給が不安定になったりすることはありません

 


Looopでんきのメリット

 

Steel tower with electric wires

 

Looopでんきに切り替えるメリットは以下のとおりです

メリット

  1. 基本料金0円
  2. 解約金、違約金が0円
  3. シンプルな料金プラン
  4. かけつけるーぷで安心サポート
  5. 従量料金が一定、使うほどお得に

 

順番に解説していきます

 

基本料金0円

 

Looopでんきでは、基本料金が0円です

基本的に電気代は、基本料金を払う必要があります

 

基本料金は、電気を使わなくても払わなければいけません

 

また、基本料金はどこの会社も大体1000円前後かかります

なので、Looopでんきに乗り換えるだけでまずは約12000円の節約ができるんです

 

基本料金が0円のLooopでんきなら、本当に使った分だけの料金を払うだけでOK

 

電気代以外にもガス代や水道代、携帯代などとたくさんの基本料金を払っていますよね

そんな中で基本料金を払う必要がないというのは嬉しいですね

 

解約金、違約金が0円

 

Looopでんきは供給開始日以降、1年契約の自動更新となっています

しかし、途中で解約しても違約金は0円です

 

また、解約するのにかかるお金も0円です

切り替えてみてからやっぱりやめたくなっても、安心して解約できますね

 

シンプルな料金プラン

 

Looopでんきの料金プランには基本的に3パターンしかありません

料金パターン

  • おうちプラン
  • ビジネスプラン
  • 動力プラン

 

この中で一般の家庭向きなのが、おうちプランです

 

あとの2つは店舗などで電気を大量に消費する方に向けたプランです

一般家庭でLooopでんきに乗り換えるときは、おうちプランを選びましょう

 

かけつけるーぷで安心サポート

 

かけつけるーぷ」では、各種トラブルに無料で対応してくれます

トラブルとは…

  • 停電
  • ブレーカーの故障

 

こういったトラブルは、業者に頼むと1万円〜かかります

それが「かけつけるーぷ」なら無料で済みます

 

「かけつけるーぷ」は24時間、365日対応しています

 

従量料金が一定、使うほどお得に

 

基本的に、電気は使えば使うほど単価が上がっていきます

しかしLooopでんきなら、どれだけ電気を使っても単価が変わりません

 

その違いはこちらにまとめてあります

 

タッチで画面の切り替えができます!




  • 0〜120kWh     1kWhあたり19.88円
  • 120〜300kWh     1kWhあたり26.48円
  • 300〜kWh                  1kWhあたり30.57円
  • 0〜120kWh           1kWhあたり26円
  • 120〜300kWh         1kWhあたり26円
  • 300〜kWh                1kWhあたり26円

 

ちなみに、1kWhはだいたい電気ストーブをおよそ1時間使用した時に消費する電力量です

 

つまり、Looopでんきは普段使う電力量が多い家庭ほど、節約の効果が上がるんです

 

Looopのデメリット

 

Thundercloud

 

Looopでんきのデメリットはこちら

デメリット

  1. 支払いはクレジットカードのみ
  2. 電気の使用量が少ないとお得にならないことも
  3. ポイントサービスなどはない

 

順番に解説していきます

 

支払いはクレジットカードのみ

 

料金の支払いはクレジットカードのみとなっています

しかし、電気代を節約したいという考えを持っているのにクレジットカードを使っていないなんてもったいないです

 

本当に節約したいなら、まずはクレジットカードでの生活を始めましょう

 

パチ屋店員
でもクレジットカードってたくさんあるから迷うんだよねぇ…

 

クレジットカードに迷っている方は、ここで作っておけば間違い無いです

 

[ 最強の節約 ] 楽天経済圏を使った簡単な節約術

  パチ屋店員努力しないで節約する方法ってなにかないかなぁ?   こんな疑問を解決します ここでは楽 ...

続きを見る

 

なんでおすすめするかの理由も徹底解説しています

 

明細はウェブのみ

 

明細は紙では届きません

Looopでんきの請求書は、Looopでんきのマイページから確認する必要があります

 

webでいつでも確認できるので慣れれば紙よりも楽ですが、今までずっと紙だった人は注意が必要です

 

紙で取っておきたい場合は、明細をダウンロードして印刷することも可能です

 

電気の使用量が少ないとお得じゃない

 

Looopでんきはどれだけ使っても単価が変わらないと上で解説しました

しかし裏を返せば、あまり使わなくても単価は変わりません

 

なのでLooopでんきは、普段の生活で電力をある程度消費している家庭向きといえます

 

ポイントサービスなどはない

 

ポイントが貯まるようなシステムは、2020年3月現在、導入されていません

 

しかし、上で紹介したクレジットカードで支払えばその会社のポイントが貯まります

 

Looopでんきを2人暮らし以上におすすめする理由

 

Man and woman holding hands

 

基本的に、電力会社は使えば使うほど単価が上がるので、家族の人数が多いほど高くなります

しかしLooopでんきは従量料金が一定という話をしました

 

こちらでは実際にいくら安くなるのかをシュミレーションできます

 

料金のシュミレーションを行う

 

ちなみにわたしの実家の料金でシュミレーションをしたところ、以下の結果が出ました

 

Simulation results of electricity bill

 

 

1回切り替えの手続きをしてしまえば、ずっと年間で10000円以上安くなります

 

こちらから早めに電気代を安くしてしまいましょう

 


Looopでんきは基本料金、解約金0円!メリット、デメリット解説 まとめ

 

Fantastic electric ball

 

Looopでんきについてのまとめです

 

Looopでんきのメリットはこちら

Looopでんきのメリット

  • 基本料金0円
  • 解約金、違約金が0円
  • シンプルな料金プラン
  • 従量料金が一定、使うほどお得に

 

Looopでんきのデメリットはこちら

Looopでんきのデメリット

  • 支払いはクレジットカードのみ
  • 明細はウェブのみ
  • 電気の使用量が少ないとお得じゃない
  • ポイントサービスなどはない

 

Looopでんきは2人暮らし以上で、ある程度の電力を消費している家庭ならお得になります

 

以下の手順で、毎月の料金が安くなる場合は早めに切り替えて無駄な出費を減らしましょう

節約の手順

 

切り替えてみてやっぱり嫌になっても、解約金、違約金は0円なのでさっそく行動に移しましょう

 

 

  • この記事を書いた人

パチ屋店員

25歳 MARCH卒のパチンコ屋店員 パチンコ屋店員からの卒業を目指してお金を「増やす、減らさない方法」の実践と発信を開始 令和2年、2月より活動開始→1ヶ月半でGoogleアドセンス1発合格→2ヶ月で4桁収益達成

-電気代

Copyright© パチ屋ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.