積立nisa

[ 初心者必見 ] 積立nisaがおすすめできる投資である理由

 

パチ屋店員
積立nisaってどういう投資なの?

 

こんな疑問を解決します

実際に積立nisaをやっているわたしが、経験を交えて解説していきます

 

この記事では以下のことがわかります

この記事でわかること

  • 積立nisaとは
  • nisaとの違い
  • 積立nisaのメリット
  • 積立nisaのデメリット

 

それでは積立nisaについての解説に移っていきます

 

 

 

積立NISAとは

 

Blocks with letters

 

 

積立nisaとは、以下のような特徴を持った投資です

 

積立nisaの特徴

  • 非課税
  • 投資先を選びやすい
  • 長期に渡って分散して行う

 

 

そもそもnisaとは、個人投資家のための税制優遇制度です

 

通常、株などで儲けが出るとその儲けに対して税金を払わなければいけません

この税金は、約20%なので100万円儲けたら20万円も取られます

 

ですが積立nisaなら、定額購入額の儲けまでは税金を払う必要がなくなります

 

 

また、積立nisaで買える商品は金融庁で認められた商品のみ

基準を満たした投資信託、ETFのみが売られているので怪しい商品はありません

 

 

そして積立nisaは、非課税の期間が20年間もあります

つまり、長期にわたって投資をすることを前提としています

 

 

 

 

nisaと積立nisaの違い

 

A coin is on the left hand and a bill is on the right hand

 

 

nisaと積立nisaの違いは以下のとおりです

 

違い

  • 購入できる金額と期間
  • 拠出のタイミング
  • 投資対象の幅

 

順番に解説します

 

購入できる金額と期間

 

両者の購入できる金額と期間には以下のような違いがあります

 

金額と期間

  • 積立nisa→年間40万円,期間20年
  • 一般nisa→年間120万円,期間5年

 

積立nisaなら、20年かけて累計で800万円まで購入できます

一方nisaなら、5年で600万円です

 

 

拠出のタイミング

 

拠出のタイミングとは、いつ買えるかということです

 

両者の違いはこのようになっています

拠出のタイミング

  • 積立nisa→定期のみ
  • 一般nisa→自由

 

積立nisaはコツコツ積み立てることが前提

なので好きなタイミングで買うことはできません

 

一方nisaにはこの制限はありません

 

 

投資対象の幅

 

投資対象の幅にはこのような違いがあります

 

投資対象の違い

  • 積立nisa→金融庁の認めた商品のみ
  • 一般nisa→ほとんどすべて

 

積立nisaで買える商品は、金融庁のチェックを通過できたもののみです

 

一方nisaで買える商品は、金融庁のチェックなどはされていません

ほぼ全ての投資信託やETF、現物株式が購入できます

 

 

 

 

積立nisaのメリット、おすすめ理由

 

Two boys are happy

 

 

積立nisaとnisaは併用ができません

 

どちらか片方しかできませんが、初心者には積立nisaをおすすめします

 

その理由は以下のとおりです

積立nisaのおすすめ理由

  1. 毎年40万円の上限
  2. 定期的、継続的に投資できる
  3. 投資対象の選択がnisaより簡単にできる

順番に解説していきます

 

毎年40万円の上限

 

積立nisaとnisaには年間に購入できる金額に違いがあると説明しました

  • 積立nisa→年間40万円
  • 一般nisa→年間120万円

 

年間に120万円も投資に回せますか?

 

この金額までは非課税なので、使わないともったいないです

 

nisaだと1ヶ月に10万円もの捻出になります

一方積立nisaなら月に33000円です

 

積立nisaの方がほとんどの人にとって、無理なく投資できます

 

また、余った金額分は翌年に繰り越せないのも理由の1つです

 

定期的、継続的に投資できる

 

一般nisaはまとまった金額を一括で投資することが可能です

 

一方積立nisaは、購入するタイミングをこのように定期的に設定できます

購入タイミング

  • 毎日買う
  • 毎週買う
  • 毎月買う
  • ボーナス時に買う

 

毎日、約1100円買うと年間で40万円になります

毎週、約8000円ずつ買うと年間で40万円になりますね

 

これは金融機関によって色々な設定をする事が出来ます

 

そして、定期的に買わずに一気に買うとこのようなリスクが発生します

 

リスク

  • 高い時に買ってしまう

 

投資で儲ける基本は、安い時に買って高い時に売ることです

しかし、定期的に買わずに一気に買ってしまうと高い時に買ってしまうかもしれません

 

いつが安くていつが高いか

この判断は初心者、そしてプロでも難しいです

 

なので定期的に積み立てるのをおすすめします

 

投資対象の選択がnisaより簡単にできる

 

nisaは幅広い商品の中から選んで購入する事が出来ます

一方、つみたてnisaは金融庁が厳選した商品のみが投資対象となっています

 

つまり、ある程度の候補を絞った中から選択できます

 

投資初心者がnisaの商品から適切なものを探して買うのは難しいです

なぜなら商品は何千本もあり、その中にはあまりよくないものもあるので

 

この点、つみたてNISAでは金融庁の審査基準をクリアした商品のみを扱っています

商品数もnisaより少ないです

 

 

積立nisa(投資)のデメリット

 


Woman holding a book is sad

 

 

積立nisa(投資)のデメリットは以下のとおりです

 

メモ

  • 損益通算、繰越控除ができない
  • 損をする可能性がある
  • 投資対象は約200本

 

順番に解説していきます

 

 

損益通算、繰越控除できない

 

積立nisaを初めての投資にする人にはあまり関係ありません

 

いくつかの口座で取引をしているとこのような場合があります

パターン1

  • 口座Aでは50万円の利益
  • 口座Bでは30万円の損

 

この場合、払う税金を50万円分ではなく、30万を引いた20万円分にできます

 

これが損益通算です

これが積立nisaには適用されません

 

また、このようなことも考えられます

パターン2

  • 口座Aでは30万円の利益
  • 口座Bでは50万円の損

 

この場合、損した20万円分を翌年以降の利益と相殺できます

 

これが繰越控除です

これも積立nisaではできません

 

これらはデメリットですが、初心者にはあまり関係ないですね

 

 

損をする可能性がある

 

金融庁のお墨付きだからといって、損しないとは限りません

 

確実に儲かる投資などないので、その点はお気をつけを

 

 

投資対象は約200本

 

これも初心者にはあまり関係ないです

 

積立nisaの投資対象となる商品は約200本です

 

何千本もある中から、200本ほどに絞られています

 

この約200本の中には、ハイリスク・ハイリターンな商品はありません

 

積立nisaは短期間で大儲けする投資ではないです

 

 

[ 初心者必見 ] 積立nisaがおすすめできる投資である理由 まとめ

 


A man is drawing a picture of coins

 

 

以上が積立nisaについての解説となります

 

積立nisaは、20年という長い年月を見据えた長期投資です

 

 また、金融庁が長期投資に向いていると判断した商品が対象となっています

 

短期間で大儲けを狙う投資方法ではないことを覚えておきましょう

 

 

投資以外の方法でお金を増やしたい方にはこちらに詳しく書いてあります

 

詳しくはコチラ

 

 

 

  • この記事を書いた人

パチ屋店員

25歳 MARCH卒のパチンコ屋店員 パチンコ屋店員からの卒業を目指してお金を「増やす、減らさない方法」の実践と発信を開始 令和2年、2月より活動開始→1ヶ月半でGoogleアドセンス1発合格→2ヶ月で4桁収益達成

-積立nisa

Copyright© パチ屋ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.